L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

あなたに入ってくるお金は、あなたの「●●●●度」に比例する

こんにちわ!



今日は、あなたの収入が「●●●●度」に比例するというお話をしたいと思います。


「比例する」ということはつまり、「●●●●度」を上げればお金もどんどん増えるというわけです。



現在、「お金が足りない」と不満なら、あなたが見るべきものは銀行の通帳ではなく、どのくらい「●●●●度」があるかということになるんです。


では、その「●●●●度」とは一体何でしょうか?



お金は「リターンである」



ズバリ、お金は「リターン」です。


「●●●●度」に対するリターンです。



つまり、お金は何もないところには発生しないということです。



あなたが「●●●●度」を含むアクションを起こした結果として、そこにお金が発生するということです。



ここまでお話すれば、察しのいい方はお分かりいただけたと思います。



そう、「●●●●度」とは、社会貢献度のことです。



お金はあなたが社会に対してどれだけの価値を与えられているかの指標です。


お金はあなたが社会的に貢献した後でてにはいるものです。



あなたが、社会に対して多くの価値を提供することで、お金のリターンが得られるのです。


これが、経済が動く仕組みです。



あなたが今どんな状況にあろうと、他の多くの人々へ、多くの価値を提供するには何ができるのかを考えることが、多くのお金が自分に流れ込んでくる仕組みを作ることになるのです。



ビジネスでも、給与所得者でも同じです



お金を多くのリターンとして受け取るには、1番は自分のビジネスとして、多くの社会貢献をすることです。


しかしもし、あなたが会社員で今の仕事に満足していて、これからもずっと会社員でいたいと考えていたとしても、その仕組みは全く同じです。


「多くの価値を提供することができれば、より多くのリターンを得られる」という原則を応用することができます。


その秘訣は、
「貰っている給料以上の仕事をする」事です。


確かに、業務範囲以上のことをやったからと言って、すぐにお金に直結するわけではありません。


しかし、昇進させたり、昇給させたり、またはリストラの対象から除外されてり、職の安定を確保する最良の方法だということを忘れてはいけません。



どんどん仕事が減りゆくこの世界で、安定した仕事を得られるということは、とても大切なことですよね。




お金を稼ぎたければ「貢献度」を上げること、覚えておいてください。



これは私のメンターやそのメンターも大事にしている教えです。

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する