L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

最重要なのは、出来事に「意味づけ」をすること

事実は事実、運命はそう簡単には変えられない


こんにちわ。先日、子供の通う幼稚園のPTA役員決めがあり、なんと今年の役員として選出されました!


くじ引きだけどね(笑)


あなたがもし、私と同じ立場だったらどう思っていたでしょうか?


うれしい?まさか(笑)
「マジで~!!」「めんどくさ!」「いやだな」
こんな風に思う人が大半ではないでしょうか。


母と言えど、聖人ではないですからね。



もちろん私も、選ばれた直後は、「最悪‼」と思っていました。



ただでさえ仕事が忙しいというのに、(仕事は免除の対象にならない)
多いときで週4日幼稚園に行かなくてはいけないとか言っていたので、本当に勘弁してくれよ‼と正直思いました。



仕事の量を減らさなければいけないかな
クライアントにはどう説明しようか
忙しくて子供とゆっくり過ごす時間がとれるだろうか
それどころか、寝る時間とれるかな・・・・


こんな風にネガティブなことが次から次へと泉のように湧いて出て、私を憂鬱にさせていました。


しかし、決まった事実は変えられません。くじ引きはくじ引き、公平に決められたのに、後から「私は忙しい」なんて主張は通りませんよね。


そんなことをしたら、その幼稚園で生きてはいけません(笑)


人生のおおよその事はこんな感じで、自分が好む好まざるとは別のところで、何かが決まったり、やらなくてはいけないことが出来たりしますよね。



そしてそれはよっぽどのことがないと取り消せないし、好きなことだけをするというのは難しいです。



しかし、私はこういう場合の最良の対処方法をすでに知っています。



だから、簡単に気持ちを回復させることができます。

そして、この1年楽しんで役員の仕事に取り組めます。

そのことが、また私の人生経験をより豊かなものにします。

忙しさやほかの仕事もなんとかカバーできるものです。



他の多くの役員に選出されたお母さんが、イヤイヤ消耗しながらPTAの仕事をする中で、私は全く違う感情をもってPTA活動に参加できるのです。


その最良の対処方法こそが
出来事に「意味づけ」をするということです。



そもそも出来事には意味がない



私がPTAに選出されたこと自体には、元々何の意味もありません。

PTAに選出されたという事実があるだけです。


それに対して「最悪」と思う人もいれば、
「楽しみ」と思う人もいるでしょうし、そう思う主観こそが事実です。


しかし、その主観に違いを生んでいるのはいったい何でしょうか?


元々の性格?余裕の有無?


それもあると思いますが、その大きな要因は「意味づけ」です。


意味づけとは、目の前の事実に自分なりの意味を持たせることです。


私の場合は、こんな意味を持たせました。
「元々何か社会貢献をしたいと思っていたので、ちょうどそのチャンスが与えられた」
「子供の幼稚園での様子を見ることができる特権を与えられた」
「自分の状態が、新しい人間関係を受け入れたり、初めての仕事にチャレンジできる状況にあるから私にその役が回ってきた」


こんな風に、大きな運命のパワーで私はここに導かれたんだわと思い込むこと、それが「意味づけ」することです。


その意味は、思いっきり自分の都合のいいように設定して、神様や運命や宇宙など、自分では到底コントロールできないパワーや、自分が信仰しているものから「与えられた」「授けられた」と受け取るようにすると、妙に納得してポジティブなパワーがわいてきます。



そもそも、出来事には意味などないのですから、自分の都合のいいように解釈して、自然に前向きに取り組める力をつけることは、日常生活でも仕事でも大いに役立ちます。



それは、自分を信じる力や、状況をコントロールする力ともいえます。




意味づけをする際に大切なこと



何でもない事実に、どんどん自分なりの意味を持たせることは、自分が自分らしい人生を進むために大切なことです。


「やらされている」「どうして私だけ」「こんなの辛い」
そう思いながら生きるということは、自分の意志に判して生きていることなので、とても生きづらく辛いことです。


同じことをしていたとしても、使命感や充実感が伴っていると、自分の人生を自分で進めている感覚がつかめるはずです。


しかし、注意してほしいのは、起こった事実に対するあなたのファーストインスピレーションを無視しないことです。


ファーストインスピレーション、つまり最初に直感的に感じたこと。


「PTA!めんどくさそうだな、嫌だな~」という感情です。


そう思う自分を決して否定してはいけません。


一旦ネガティブな気持ちを「そうだね、そう思うよね」と心の中で受け入れることです。


そのあとに
「でもこれはきっと、私に社会貢献するチャンスが与えられたんだわ・・・・・・」
と自分なりの意味を付け加えていくのです。



どんどん都合のいい解釈を足していくと、ファーストインスピレーションは消滅します。



最初にこの感情を無理やり押し殺してしまうと、「本当はこう思っているのに」と、どこかに抑圧された感情が残ってしまい、爆発してしまうことがあります。


それでは、意味づけが本当の意味を成しませんよね。



一旦、自分の気持ちを全部受け入れ、ネガティブな気持ちを出し尽くしてから意味を与える、この順序は必ず守りましょう。


そして誰かに発言するときは、「意味づけ」から話しましょう。


言霊と言って、自分が発した言葉はそのまま強く自分や周りに影響を与えますから、ネガティブなことは自分の中で処理してから、
「普段見れない子供の様子も見られるし、新しい人間関係もできそうだから、楽しんでやろうと思うわ」などと言っておくといいと思います。



そうすると、周りに対しても意味づけをすることになり、あなたの周りでポジティブの連鎖が始まるでしょう。



このような意味づけの繰り返しが、あなたの人生を徐々に願った方向に変えていく底力になるんです。




今日から、あなたの人生はあなたが主導権を持ちます



ここまで、「意味づけ」の重要性をお話してきました。


でも、知っているだけでは何の効果も得られませんよ。


今日から、あなたを取り巻くすべてに、あなたなりの意味を吹き込みましょう!




例えば…

もし今あなたの状況がとても辛いものだったとしたら
「これは自分を強くする試練で、これを乗り越えた先には人一倍大きな幸せが待っている」
「これは私の人生の使命で、私にしか乗り越えられないものなんだ」

などと、解釈するのもいいでしょう。



もしあなたがパートナーと別れることになるのであれば
「新しい運命の人と出会うためにこの別れがある」
「この別れがあったからこそ、人の痛みがわかり、よりよい人生が送れる」
など、たとえ事実は自分に非があったとしても、意味づけは100%あなたの都合の良いものでいいのです。


落ち込んだり、イヤイヤ物事をこなしたり、暗い気持ちが続くようでは、自分の人生の主導権が、自分以外にあるようなものです。




自分の人生は、自分で主導権をもって、「幸せ」のあるほうへ進めていきましょう!

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する