L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「こんまり」こと近藤麻理恵さんに学ぶ、女性とビジネスの理想

■私の大好きなビジネスウーマン



2015年の「世界に最も影響を与えた100人」にも選ばれた、
『人生がときめく片づけの魔法』の近藤麻理恵(こんまり)さん。


ご存知ですよね?


私は、特に片付けには興味がないのですが、
近藤麻理恵(こんまり)さんという人が大好きなんです。


お手本にしたい女性の一人でもあります。


それはなぜか・・・・
近藤麻理恵(こんまり)さんが、「好きなこと」を仕事にしているビジネスウーマンだからです。


ちょっと意外に思われる方もいるかもしれませんが、
ビジネスを成功させる一番の方法は、「好きなこと」を仕事にすることなんです。


「好きなことだけして食べていけるわけないでしょ」
という声が聞こえてきそうですし、実際に私も長らくこう思っていました。


でも実は、そうではないのです。


「仕事はつらいもの」
「お金は苦労して手に入れるもの」


私たち勤勉な日本人は(特に私のような昭和のおばさん)は
仕事に対してこんな意識を植え付けられてきました。



貧乏な家庭で育った私なんかは、
毎日必死に働くぼろぼろの母親を見ていたので、
「仕事=辛い」と刷り込まれてきました。



でも、本当に仕事で稼いでいる人は、
「忙しい」かもしれませんが
決して仕事が嫌い、辛い、イヤイヤやっているということはないのです。



逆に、これらは全部
仕事に支配されている、稼がされている人の思考状態なのです。




■好きなことをして生きる



私の敬愛する近藤麻理恵(こんまり)さんに、話を戻しましょう。


近藤麻理恵(こんまり)さんは、学生時代から「片付け」ることが大好きで、
たくさんの書籍で独学し、自宅だけでなく、
無償で友人の家を片付けてあげていたそうです



それが近藤麻理恵(こんまり)さんのキャリアのスタートで、
口コミが口コミを呼び、友達の友達の、そのまた友達の・・・・・と
どんどん片付けの依頼が舞い込んできました。


自分が大好きなことだったので、
「無償」で片付けていた近藤麻理恵(こんまり)さんでしたが、
ある女性経営者の自宅を片付けたときに



「サービスに対する対価をきちんと受け取りなさい」


そういわれて、お金を渡されたそうです。



自分が好きでしていることが、誰かに価値を提供している。
その価値に対しての報酬はきちんといただくべき。


報酬を頂いたほうが、本当に必要としている人が
仕事として依頼しやすい。もっと多くの人の役に立てる。



今まで紹介だけでやってきたことを、ビジネスとして多くの人に提供するため
「片付けコンサルタント」というお仕事を始められたそうです。




近藤麻理恵(こんまり)さんはお金が欲しくて片づけを始めたわけではありません。


片付けが好きだから始めたのです。


それが人々の役に立ち、「世界に最も影響を与えた100人」にも選ばれるほどの人になったのです。




■あなたの好きなことは?



この近藤麻理恵(こんまり)さんの話は、決してただの美談ではありません。


近藤麻理恵(こんまり)さんだけでなく、
流行のYouTuberも、後発のただ儲けようとしている人よりも、好きなことや得意なことを発信している人がやっぱり強いですよね。



芸能関係の仕事の人もしかり。


「好きこそものの上手なれ」とはよく言ったもので、
とにかく「好き」であることが一番大事なことなのです。


なので、これから何かお金を儲けたいと思っている人は、
「自分が何が好きか」「自分の好きなことでどんな価値提供ができるか」
を考えていく事をお勧めします。



間違っても
「儲かりそうなこと」を軸にいろいろと手を出すのはやめましょう。


それこそ私のように、騙されたり、遠回りをしたり、
結局は更に貧乏になり、不幸になるだけです。



「好きなことを仕事にして生きる」
このことを肝に銘じておきましょう。



次回は「好きなことを仕事にするにはどうすればいいのか」というお話を、
より具体的なビジネス目線でお話ししたいと思います。



北野理世






スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する