L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

「人が嫌がる事」をたくさんやる人は成功する

嫌がることをどんどんやろう!


こんにちわ!今日のテーマは「人の嫌がる事」です。



誤解のないように先に言っておきますが、
「人の嫌がる事」とは、人に嫌がられることではありません。


人が嫌がってやりたがらないことのことです。


めんどくさいことだったり、しんどいことだったり、汚いことだったり・・・・
とにかく普通の人がやりたがらないことです。


例えば、トイレ掃除や汚れものの処理、きつい肉体労働や、深夜の労働などでしょうか?


こういう、人が嫌がってやらないことをどんどん積極的に行って、大きな財を成した人がいました。


それは「岩崎弥太郎」、三菱財閥を築いた人物です。



三菱財閥はこうしてできた


奇抜なこと、新しいアイデア、そんなものがどんどん浮かぶ人ばかりが会社を興し財を成したかと言うと、実はそうではありません。

クリエイティブな能力がなくても、成功は収められる、そう道を示してくれたのは「岩崎弥太郎」です。


彼は、浪人時代に人が嫌がってやらないような仕事ばかりを率先して引き受けたといいます。


すると、それが評判を呼び、彼は周りから抜きんでる存在となりました。


こうして一歩一歩、人が嫌がる仕事、人がやらない仕事を積み重ねてきた結果、三井財閥という大きな会社となったのです。


「ダルい」と思ったら行動のサイン



さっそく、今日から人が嫌がることをどんどん積み重ねていってほしいのですが、
「で、人の嫌がる事って何?」
と考えだした途端動けなくなってしまいますよね。


そんなときのために、行動のサインを決めておくと動きやすくなると思います。


「ダル~い」「めんどくさっ」「ああいやだ」


今日からこれを行動のサインにしてしまいましょう。


どんな些細なことでもいいです、「ダルい」と思った瞬間に動きましょう。


「あぁ、洗濯ものたたむのだるいな~」と思った瞬間に動く!
「LINEの返信返してなかった、めんどいな」と思った瞬間スマホを操作!
「ゴミ箱の横に落ちているティッシュを見つけて、後で拾おう」なんて思た瞬間に拾う!


こんな風に、めんどくさい、後回しにしよう、なんていうサインが出たら即座に動くようにします。

もう、ゲームだと思ってやってみる事です。

そうすると、みるみるあなたの環境に変化が起こります。


・家が前よりも片付いた
・読みかけの本や遣り掛けの作業がなくなった
・レスポンスが早いと言われるようになった
・ストレスが減った
・日々の生産性が上がった
・家族や周りの評価が上がった


しかも、活動量は増えているのに、ストレスや疲労感はさほどないのです。


動き始めると、苦ではなくなる原理



先ほど、「だるい」や「めんどくさい」をスイッチに、動き始めようというお話をしました。

それはなぜかと言うと、実はそれらはさほどだるいことでも面倒なことでもないからです。

人間が一番つらいのは「動き始める」「アクションを起こす」その瞬間なのです。

これは、心理学ではっきりと裏付けられていることで、
「作業興奮の原理」で説明するができますこと。

「作業興奮の原理」とは、手などを動かすという作業・行動が起こると、脳内にドーパミンが分泌されます。ドーパミンは、興奮・期待・元気が出るホルモンですから、これまでのめんどくさく憂鬱な気分が一気に消え去るのです。


だから、アクションさえ起こしてしまえば、最初は乗り気でなかった仕事でもどんどんはかどっていくのです。


だから、めんどくさいと思って後回しにしてきたことが、やってみれば実は簡単に済んでしまったなんて言うことになり、じゃあこっちのこともやっておこうかと、行動の意欲につながるのです。


するとどうでしょう、あなたの回りはいつもすっきり、脳内もすっきりしている状態になるのです。


そして、人がめんどくさがって、嫌がって後回しにすることをどんどんできる人になったら、あなたは周りから抜きんでる存在になれるのです。


だから、まずは自分の周りの「だるい」「めんどくさい」をサインに、行動する癖をつけていきましょう。


行動する癖は、成功する癖なのですから!

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する